PAGE
TOP
教育相談室発行 第11号

言葉の意味 ~あなたと私、同じですか~

言葉の意味
~あなたと私、同じですか~

今月号のスタートは、先月号の答え合わせです。

多分全員の人が思いついたと思いますが、20クエスチョンズで紹介した「私」の正体は、今年の干支でもある「イヌ(戌)」でした。

中には、「うちの子は、○○ではないけれど・・・・・」というご意見もいただきましたが、「多くのイヌはこうであろう」という筆者のイメージで書いたものですから、ご寛容ください。

そして、「イヌ」という1つの言葉の中には、様々な情報が隠されていることに気づいてもらえたらと思います。

このように、どのような「言葉」にも、いくつもの情報が隠されているということは、頭では分かっていても、心の底から理解して、無意識のうちでも気をつかうという人はいません。

だから、「私」の持つイメージと「あなた」の持つイメージは同じだと思い込んで、その「言葉」を使って話すことが多いのです。多くの場合は、トラブルになることはありませんが、チョットしたすれ違いが生じることがあります。こうしたすれ違いが重なってしまうことで、「私」と「あなた」の間に溝ができてしまい、時には、そのことが引き金になって、関係が悪くなることだってあるのです。

あまり話したくはないのですが、そのような筆者の失敗を紹介しておきます。

当時、私が親しくしていた先生がいました。その先生とは何となく気が合う間柄で、その日も、その先生が購入した新車について話をしていました。買われた車は、無骨でありながら優しげなフロントグリル(車を前から見た様子)や、幅広でありながら重心が低く安定感がある車体の感じが印象的で、私も気に入っていた車種でした。

それで私はこうした印象が、その数日前に自宅の庭で興奮しながら見た「ガマガエル」の雰囲気に似ていたので、それにたとえて「いい車ですね」と話してしまったのです。

この時の筆者は、その先生に対して気に障るようなことを言ったとは思いもしませんでしたが、その後、その先生とは何となく疎遠になってしまいました。

カエル好きの人であれば、「ガマガエル」をかわいいと思うかも知れませんし、筆者のように何かのきっかけがあって、「ガマガエル」に特別な思い入れがある人ならば、分かってもらえたのかも知れません。でも、その先生は筆者の一言で「買った車をけなされた」と感じたかも知れませんし、「自分のことをバカにした」と腹を立てたのかも知れません。

ここで紹介した話は、極端な例で、こうしたことがたびたび起こることではありません。しかし、何となく気に障ったり、不快な思いをするということは、皆さんにもたまにあるのではないでしょうか!?

こうした場面で、もし何でも話し合える友達同士であるのならば、「今こう言ったけれど、嫌な感じがしたよ」とか、「今のはどういう意味なのかな」という感じで、お互いの気持ちのすり合わせができるといいと思いますが、いつもそうした人とばかり話すわけではありません。

『親しき仲にも礼儀あり』という言葉もあります。たとえ親しい友達同士であっても、相手に対する「言葉づかい」に気を配ることが大切なのではないでしょうか。(K)

スクールカウンセリングのご案内

来月は、次の日程でスクールカウンセリングを行います。

気持ちが少し疲れて、誰かと話をしてみたいと思う人は、教育相談室まで申し出てください。

  • 第1回 3月16日(金)
  • (来月は1回のみです。)

※ スクールカウンセラーのご都合で、日程が変更になることもあります。あらかじめご了承ください。

なにか相談したいことや悩み事がある人は下記のアドレスにいつでもメールをして下さい。

教育相談室soudan@tsurugakehi.ed.jp