開講挨拶

皆さんこんにちは。本年度最後の講習会になりました。
今日は、前半で「岐阜県立森林文化アカデミー」の小林先生のお話をうかがい、後半は学生の小林さん、藤井さん、松浦さん、そして「中池見 人と自然のふれあいの里」の筒井主任学芸員と小橋学芸員にも協力いただいて、皆さんで活動しながら、この1年間の中池見湿地での活動を振り返ることができればと思います。

講師紹介

本日ご来校いただきましたのは、岐阜県立森林文化アカデミー教授の小林毅先生です。
森林文化アカデミーという学校は、大学のような所でもありますし、大学以上に専門的なことを学ぶ所でもあります。詳しくは、ホームページを見てください。
先生は大学で動物行動学専攻を専攻され、専門は大型の野生哺乳類ですが、森林文化アカデミーでは、ネイチャー・インタープリテーションを教えておられます。
皆さんは、ネイチャー・インタープリテーションという言葉を聞いたことがありますか。これは、自然が語りかけてくる言葉を、そこを訪れる人にわかるように、翻訳したり通訳したりする仕事、つまり自然を解説する仕事のことを言います。先生は、このネイチャー・インタープリテーションの第一人者、と言うより、この道を切り開いてこられた方です。
当時の環境庁(現在は環境省)の自然解説指導者育成検討委員会委員などをされた後、高尾や御岳や奥多摩などでビジターセンターにおける環境教育活動の運営、自然環境調査、施設や展示・印刷物・環境教育教材などのプランニング、プログラム開発、野生動物を素材とした環境教育等に関わられました。
これらのビジターセンターは、それ以降にできたビジターセンターのお手本となりました。
さて、今皆さんは、学習発表会に向けて中池見湿地の活動のまとめを行っていますね。
すでに原案がまとまって、順調に作業が進んでいるのではないかと思います。しかし、グループの中には、何を書いたら良いんだろうとか、どのようにまとめようかと悩んでいる班があるかもしれません。そうしたグループの人は特に、これから先生が話されることを良く聞いてください。
これまでにはない切り口、新しいものの見方、今までとは違う考え方と言ったものを、先生は皆さんに示していただけるのではないかと思います。こうしたことをヒントとして、今取り組んでいる活動にも役立ててください。
この紹介には、小林先生が行っている仕事をネイチャー・インタープリテーションと書きましたが、正式には、インタープリテーションです。本来、インタープリテーション(Interpretation)には「通訳」(あるいは「解釈」)という意味があり、これとの混同を避けるためネイチャーと言う言葉を付記し、紹介させていただきました。

ただいま紹介を受けました小林です。
私がここに来るのは、今年で2回目ですから、皆さんの中には昨年も話を聞いたと言う人が半分以上はいると思います。
昨年話したことと、重ならないように気をつけて話を進めていきたいと思います。
ところで、皆さんは「サンタ」を信じていますか。
サンタなんて信じてないし、サンタが来るクリスマスは、もう一月も前の話だなんて言わないでください。
私が信じているのは、「サンタが大切だ」と言うことであり、「サンタ」というのも、三つの「た」を表す「3た」です。言うまでもなく、「3た」と言うのは、「た」で始まる言葉なのですが、何に大切かというと、何かを学ぶ場面でと言うことです。
では、皆さんが学ぶときに大切にしている「た」で始まることって何でしょうか。
「たくさん学ぶ」ですか。それもいいですね。他にはありませんか。「助け合って学ぶ」ですか。アッ、それも大切ですね。他はどうですか。
急に目を伏せましたね。あまり答えが返ってきませんねので、私が大切だと思っていることを書いていきたいと思います。
サンタが大切
まずは、「楽しく学ぶ」と言うことです。楽しく学ぶためにはどうすればよいかというと、皆さんが反応することです。皆さんが何も反応しないのであれば、話をしている人、例えば私は、少しも楽しくありません。話をする人が楽しくないなら、当然話を聞く人も楽しいはずがありません。もし、皆さんが楽しく学べないとしたら、それは皆さん自身がそうしているのかも知れません。
これは先程出た答えに近いのですが、「互いに学び合う」と言うことです。互いに学び合うというのは、どうすればいいかわからなくなった時に、誰かがアドバイスやヒントを与えたりすることだけではありません。一人一人が自分の考えを述べあって、お互いの考えを共有し合うと言うことです。
最後の「た」は、「体験して学ぶ」と言うことです。このことは、口で言うよりも、本当に体験してもらった方がいいですね。
アース・ボール登場
去年も持ってきましたが、今年も地球儀を持ってきました。
上手に弾ませられるかな?
これを皆さんの所に投げ入れますので、上手にトスしてください。天井が低いですから注意してくださいね。端の方に座っている人は、アース・ボールが外に出ないように中の方に返してください。力一杯スパイクするのはなしですよ。ムキになってアースボールを拾おうとしなくてもいいです。
では、投げ入れます。
さあ、皆さんどうでしたか。このボールを弾ませるためには、皆さん一人一人がボールに気を配って、他の人に上手に渡そうという気持ちを持って扱うことが大切です。
ところが、見ていると乱暴な扱い方をしていた人が目につきました。ここに用意したのは、「アースボール」つまり「地球」です。このボールには、皆さんが住んでいる星ですから、大切に扱いましょうと言うメッセージを込めたつもりですが、どうも皆さんの中には、その気持ちが伝わらなかった人がいたようです。これでは、いけませんよね。
2個とも入れましょう
1個だけなら余裕
今、地球の環境のことが大きな問題になっていますが、「自分の手から離れたボールは、もう自分には関係ない」という態度は、「自分の手から離れたゴミは、もう自分に関係ない」と言って環境を破壊しているのと同じ態度ですよね。
さあ、もう一度皆さんにこのアースボールを投げ入れますから、今度は上手に弾ませてください。
ハイ、これまでにしましょう。やってみてどうですか。
ボールの気分で
そうですね。少しリラックスできましたね。
それから、・・・。ウン、むずかしい話ばかりかだけでなく、こんなこともするんですよね。
皆さんから、いろいろな意見が出ましたけれど、これはどうしてそう思えたのでしょうか。
何があるかな
当然、ボールをつく前とついた後の気持ちを比べたから、わかったことですよね。
こんな感じでもいいのかな
「比べる」と言うことは、何かを理解するときにはとても大切な作業だと思います。
そこで、皆さんに考えてほしいのは、どんなことが比べられるかと言うことです。
班に分かれて座っているようですから、班の人と相談してもかまいませんよ。
どうですか、考えつきましたか。
皆さんに発表してもらう前に、ここに来ている学生の自己紹介もかねて、TAの「比べる」を聞いてみましょうか。
じゃあ、思いついた人から順番にお願いします。
TAの皆さん
突然振られてビックリしました。チョット待って下さいね。
それじゃ、始めます。私は、藤井と言います(写真左)。キャンプやこのような活動の時に、皆さんに名前を覚えてもらうために使うキャンプネームというものがあるのですが、私の場合は『フジコ』なので、皆さんもそう呼んでください。
私が今の学校にはいる前にしていた仕事は、病院の理学療法士でした。 私が思いついた「比べる」は、「寒さの違い」です。今日は雪が降っているからかも知れませんが、私たちが住んでいる岐阜県美濃市よりも、ここは寒い感じがします。
私は小林と言います(写真中央)。キャンプネームは『コバケン』です。
私が今の学校にはいる前にしていた仕事は、コンピュータ関係の仕事で、ゲームのキャラクターなどの制作をしていました。 そのことと関係あるのですが、私が思いついた「比べる」は、「色の濃さ」です。同じ赤と言っても、色の濃さで受けるイメージが異なってくるからです。
私は松浦と言います(写真右)。キャンプネームは『ウー』です。
私が今の学校にはいる前にしていたことは、国際青年協力隊の一員としてタンザニアに行っていました。
私が思いついた「比べる」は、「明るさの違い」です。今日の朝目覚めたときに明るいなと感じました。窓を開けてみると雪が積もっていたので、そのせいだと思いますが、いつもの朝よりも明るく感じたのです。
「比べる」とわかること
ハイ、ありがとうございました。いろいろな「比べる」が出てきましたが、これらは何を使って比べたのでしょうか。
寒暖の違いというのは、多分触って比べられますよね。色の濃淡は見比べなくてはわかりませんよね。朝の明るさの違いというのは、記憶を使って比べているのだと思います。この他にも手に持って比べると重さの違いがわかりますよね。
こんな感じで、もう一度みんなで話し合って、それぞれの班で「比べる」ものを見つけてみてください。
さあ、それではどんな「比べる」があったか、聞いていきましょう。
「比べる」がいっぱい
たくさんの「比べる」が出てきましたね。ここに出てきた「比べる」はこのまま残しておきたいと思います。この後行う実習の参考にしてもらうためです。
次に皆さんに話したいことは、「比べる」ことをしたら何をするのと言うことです。
今皆さんに話していただいたように、「比べる」ことをすると、いろいろなことがわかりますよね。
皆さんは、そうして「わかったこと」をどうしますか。
そうですよね。誰かに話したいと思いますよね。
つまり、次に考えておかなくてはいけないことは「伝える」という作業です。
ここにいる3年生は、今年でこのプログラムは終わってしまいますが、2年生や1年生の皆さんは来年もこのプログラムに参加されると思います。来年行われるプログラムでは、今話した「伝える」と言うことをテーマに活動してもらう予定をしています。
そうしたことの前振りとして、今日は「伝える」と言うことについて、私の考えを皆さんに伝えておきたいと思います。
わたしは、「伝える」というのは、キャッチボールに似ているなと良く感じます。
『フジコ』、アースボールを持ってきてくれますか。
さあ、いくよ
ナイスキャッチ
先程、皆さんに弾ませてもらったアースボールですが、これでキャッチボールをしてみましょう。
キャッチボールをするときは、相手も目を見て「さあ、投げるよ」と合図を送り、相手から「投げてもいいよ」という合図が送り返してくれたのを確認して、相手の取りやすい場所に、取りやすい速さでボールを投げますよね。
知らんぷり
もしも、突然に投げたり、相手がとれない場所や速さのボールを、こんな風に投げたらどうです。決して『フジコ』をいじめているわけじゃないですよ。でも、イヤな感じがしますよね。
また、こんなこともありませんか。
今みたいに、せっかく『フジコ』が相手を見て、相手の取りやすい場所に、取りやすい速さでボールを投げても、知らんぷりしたらキャッチボールになりませんよね。
こうしたことを皆さんが話すとき、つまり、何かを「伝える」時に行ってはいないでしょうか。
何かを「伝える」時には、相手に届きやすい話を、相手が受け止めてくれるようにしなくてはなりません。
最初の紹介にもありましたが、私が行っている仕事はインタープリター(interpreter)で、自然の語りかけを解釈して、皆さんに伝えるインタープリテーション(Interpretation)と言うことを行っています。
考えてみれば、私が大学を卒業する頃には、今のような仕事はありませんでしたので、私と同じ考えを持つ人と一緒に、「それじゃ、自分たちで作っちゃえ」という感じで始めました。そのモデルとなったのが、アメリカの国立公園で活躍するレンジャーと呼ばれる人たちです。
レンジャー
この写真で、緑色の服を着た二人の男性がレンジャーと呼ばれる人です。この緑色の服を着た人は国立公園の職員だと言うことが一目でわかるようになっています。そして、この緑色は「ブーチカラー(beechcolor)」と言って、ブナの緑からデザインされたものです。 レンジャーの仕事はたくさんあって、公園内をガイドしたり、動物を保護するための活動をしたり、時には警官のように法律違反をする人を取り締まったりします。
リラックスした雰囲気で
こうした仕事の一つとして、自然のことを解説したり、その自然に関する歴史や文化といったものを紹介したりする教育的な分野を行う人をインタープリターと呼んでいます。写真では、灰色の上着を着た人です。
このインタープリターの人たちは、リラックスした雰囲気の中で、相手に届きやすい話を、相手が受け止めてくれるように解説してくれます。そうしないと楽しくありませんからね。
飽きちゃった
その証拠に、子ども達は非常に正直ですから、つまらなくなったら他のことを始めます。 では、インタープリターの人たちは、自然を「伝える」ために、どのような工夫をしているのでしょうか。
白頭ワシの型紙
例えば、白頭ワシというアメリカの国鳥にもなっている大きな鳥がいるのですが、この鳥の大きさを説明するのに、「羽の大きさが2mもあります」と口で言っても実感が湧かないですよね。ですからこのように型紙を作って見てもらうと言うことをしたり、ネイティブ・アメリカン(インディアン)の方でインタープリターとなっている方は、伝統的な工芸品を作る作業を実演しながら、それをすることの歴史や文化を語ることによって、自然との関わり方や自然との共生の仕方を伝えようとしています。
落ち葉を並べよう
ナイトウオッチング
日本でも
日本でも、いろいろな取り組みをしています。
例えば、私たちも夜の森を探検したり、落ち葉を集めて並べてみたりして、普段目にしているのに、気づかないことに気づいてもら得るように工夫しています。
さあ、皆さんどうでしたか。何かを「伝える」ためには工夫が必要ですし、工夫をするためにはよく見て「比べる」ことが大切だと思いませんか。
そこで次に、「比べる」ことをテーマに実習を行いたいと思います。

実習@ 見つけて、比べて、伝えよう

会場の準備もできましたから、いよいよ実習を始めたいと思います。
ここに、たくさん写真があります。 この写真は、皆さんが観察会の時に撮影したものです。 写真を見ると、これは僕が撮ったものだ、こちらは私が写したものだと、気がつく人がいるかもしれません。 今日は、この写真を使ってゲームをしたいと思います。
皆さんの机に、写真の入った封筒を配りますから、一人一人がトランプの要領で、写真を1枚選んでください。 次に、残った写真を机の上に広げてください。このとき、全部の写真を広げると、何が写っているかわからなくなるので、全部を広げる必要はありません。 そして、広げた写真の中から、自分が選んだ写真と似ているなと思うものを1枚見つけてください。このとき、口は閉じて黙って選んでくださいね。
それともう一つ大切なことは、見た目だけでなく、初めて見たときの印象であったり、それが写されたときの思い出なども含めて選んでほしいと思います。 そして、自分のもう1枚を選び終わった人は、その場に座りましょう。
それでは始めて下さい。
写真を配ります
さっそく選んで
似たもの探しです
選び終わったかな?
どうやら、皆さん選び終わったようですね。納得できるものが選べましたか。
みんなに見えるように持とう
それでは次に、どうしてもう1枚の写真を選んだかを、皆さんに発表してもらいましょう。
とは言っても、全員の前で発表するのはチョット恥ずかしいですよね。
みんなの協力が大事
どれどれ
そこで、まずは班のみんなに発表して下さい。やり方は、「私の写真はこれでした。私が選んだ写真はこれです。選んだ理由はこうです。」と言った具合にです。それでは始めましょう。
各班それぞれに、おもしろい発表がありましたね。でも、話を聞いているときに、「それは違うだろう」という声が聞こえました。確かに、説明を聞いても納得できないこともあると思います。
互いに学ぶって、どうするの?
だからといって、「それは違うだろう」と言ってしまっては、説明してくれた人を否定してしまうことです。これでは、一番最初に「サンタが大切」と言った中の「互いに学び合う」ことができなくなってしまいます。
まずは、「なるほど」と言って相手の考えを受け入れることが大切です。そして、その次に「僕はこう考える」と自分の考えを言って下さい。すると、そこにはいろいろな考え方が出されますから、その中から一番よい考え方を選んだり、また新しい考え方を見つけたりすることができるのです。互いに学ぶって、どうするの?これが「互いに学び合う」と言うことです。
それでは、今から「互いに学び合う」ことを実践してもらいましょう。今から、おもしろい視点で似たもの探しをしてくれた人に発表してもらいます。
発表する人が「私の写真はこれでした。私が選んだ写真はこれです。」と言いますから、皆さんは「何で〜?」と質問して下さい。そうしたら、発表する人が「選んだ理由はこうです。」と説明しますから、今度は皆さんが「なるほど〜!」と相づちを打ちましょう。さあ、発表を聞きましょう。
僕の写真はヒガンバナでした。選んだ写真はノカンゾウです。
何で〜?
ヒガンバナという名前の響きが何となくさみしい感じがしました。写真を見ていて、この花を見たとき、枯れた葉が写っていて、何となく寂しい感じになったからです。
なるほど〜!
私の写真はカンガレイでした。選んだ写真はヒメアオキです。
何で〜?
最初カンガレイを見たとき、似たような写真がないなと思いました。でもよく見てみると、茎が角張っていることに気がつき、それと似たものはないかと探したら、このヒメアオキがありました。
なるほど〜!
僕の写真はツクシでした。選んだ写真はミクリです。
何で〜?
答えは、見たまんまです。どちらも写真の真ん中に真っ直ぐ写っていたからです。
なるほど〜!
二つに分けてみよう
各班の代表の人の話を聞いてどう思いましたか。いろいろな見方考え方があるのがわかったと思います。
そこで、こうした見方考え方を利用して「比べる」ことをやってみましょう。
今ここに8枚ずつ二つに分けてみました。花の色というわけでもないようですし、花の大きさとか写し方というわけでもないようですが、どうでしょうか。
皆さんは、この違いがわかりますか。
ヒントを言えば、右側の8枚ですが、その一番上の左側のウマオイが写っている写真です。
どうです、わかりましたか。そうですね。右側の写真には、みんな虫が写っていますね。それが違いです。
このように、各班で二つに分けてみてください。 各班アイディアが出そろったようですね。
それでは、となりの班のものをのぞいてみて下さい。そして、どんな理由で分けたか考えてみてください。答えは教えないでください。
となりの班が、どんな風に分けたか理由がわかりましたか。
それでは、各班に二つに分けた理由を聞いてみましょう。
花びらを見て分けました。
左側は丸い感じですが、右側は棒みたいな形をしています。
見たとおり、花の数で比べました。
右側は一つの花しか写っていませんが、左側はいくつも花が写っています。
私たちの班は、花の色で分けました。
右側の花は、一つの色だけですが、左側の花は、色が混ざっていたり、にじんでいるように見えました。
どうですか、皆さんが想像していた理由と同じでしたか。何も、班の人が説明してくれたことが正解ではありません。同じものを見て、全く違う分け方の理由を考えてもいいですよね。そういう見方考え方もあるわけですから。
さあ、調子に乗ってきたところで、今度は三つに分けてみましょうか。二つに分けるのは簡単だったかも知れませんが、三つに分けるとなると、よく考えなくてはいけませんね。他の班が考えたことも参考にしながら、三つに分けることに挑戦しましょう。
各班アイディアが出そろったようですね。
それでは先程もやったように、となりの班のものをのぞいてみて、どんな理由で分けたかを考えてみてください。
どうですか、となりの班が、どんな理由で分けたかわかりましたか。
それでは、各班に三つにに分けた理由を聞いてみましょう。
僕の班は、色の濃さで考えてみました。
黄色いはっきりした花と白い花、それの中間というか色の混じり合った花です。
僕たちの班は、花を見たときの印象で分けました。
手前にあるのがツンツンした感じで、向こう側にあるのがフンワリした感じ、縦に並べたものはその中間です。
僕たちの班は、花の写り方で分けました。
真ん中で大きく写っているもの、端の方に写っているものと、真っ直ぐに写っているものです。
それぞれの班が、おもしろいアイディアを出してくれましたね。
花は花でも、その中心に注目した班や、花ばっかりではおもしろくないから葉に注目した班など、どの班も工夫の跡が見られたと思います。
ところで、時計を見るとずいぶん時間が経ったので、この「比べる」というワークはこれで終わりにしましょう。

実習A 日めくりカレンダーに気持ちを残そう

去年作った日めくりです
さて、皆さんは日めくりをご存じですか。昨年も作ったので、覚えている人も多いと思います。
各班が三日分を作り、皆で一月分としてカレンダーを作ろうと言うわけです。
今年はこんな感じにしましょう
去年の日めくりは、「見る」と言うことをテーマにして、「見立て」の方法で絵の部分を作りました。今年は、「比べる」がテーマですから、絵の方に今皆さんの目の前にある写真を2枚から8枚選んで使いましょう。
文章の方は、今実習でやったことを参考にして、中池見湿地で見たこと、聞いたこと、感じたこと、それから今思っていることなどを書いて下さい。
まずは、写真探しから始めましょう。
これはと言うものが選び終わった班は、前に来てホワイトボードに貼ってください。
どんどん選び終わった班が増えていますね。
さて、次に白紙の方にメッセージを仕上げてください。

各班が選んだ写真です。
どんなメッセージがつくのか楽しみです。

頭を寄せ合って、日頃あまり見ることができないくらいの真剣さです。
さあ、時間になりました。
このボードを見ると、ほとんどの班が作業を終えているようですね。もう少しでみんな完成するようですが、今日はここまでとします。
皆さんが作ったカレンダーが、どんな風になるか楽しみにしたいと思います。
半日だけの講習会で、慌ただしく過ぎましたが、皆さん楽しかったですか。
そうですか。これで、「楽しく」、「互いに学びあって」、「体験を通して」という大切な「サンタ」がそろいましたね。
皆さんは、これからもさまざまな場面で、多くのことを学んでいくと思いますが、今日体験したことも、これからの学びの中に取り入れて、より良い学びができるようになってください。
こうしてこの日の学習会は終了しました。

日めくりカレンダーのその後

完成しました。
表紙と31日は、岐阜県立森林文化アカデミーの小林先生とTAの皆さんの作品です。
そのほかも、心に残るメッセージが書かれています。
各教室に置く予定をしています。