PAGE
TOP

昨年同様、1年~3年の全体で8班に分かれて、学年混合の縦割り班つくり、1年間を通して、「春・夏・秋・冬」4回のフィールドワークをしていきます。

一つの班は9~10名で構成されていて、各班の活動テーマは以下の通りです。

10月4日(土)午前 晴れ 気温24℃

1班水生生物 [担当:教員( 原 )・TA(増田)]

ホトケドジョウの調査とザリガニ駆除を行いました。

今回の活動で、ホトケドジョウは危険回避能力が皆無であることを知りました。それだけに、在来種を保護することの大切さを感じました。

ザリガニは大きかったです。また、ザリガニは亀のエサになりました。

班活動以外では、沢山の種類のトンボを見ることができました。また、ヘビを見ることもでき、自然が豊かであることを感じることができました。

沢山のホトケドジョウを確認することができ、とても充実した観察会になりました。今度、ホトケドジョウの生息している湧き水の水温と他の場所の水温とを比較してみたいと思います。

また、ザリガニの数は去年より少なくなって来ているようです。これが私たちの駆除の成果であるのならば嬉しいのですが…?



2班水質調査 [担当:教員(堂野)]

中池見の各地点の水質(pH、導電率、塩分濃度など)の記録を取りました。

晴れていたので、とても気持ちよく、調査しやすかったです。

調査の途中で、トンボや蟻の巣なども見つけました。


3班古民家の暮らし [担当:教員(天野京)・TA(筒井)]

今回は、玄米の精米をし、ぬか床を作りました。精米するときは、ぬかに籾殻が混ざってしまうこともあり、難しい作業でした。ぬか床を作るときは、最初に漬ける野菜は捨てるということを知りました。また、藁ぼうきも作りました。

古民家の気温、湿度、照度を計測しました。よく晴れていたためか、前日に雨が降った割には湿度が低かったです。

今回の活動はメンバーが少ない中、みんなそれぞれに頑張って活動できたと思います。

冬の観察会では精米した米を炊いてみんなで食べたいです。それが楽しみです。


4班外来種除去 [担当:教員(今井尚)・TA(田代)]

今回は、草木染の講習を受けて、草木染の奥深さを学びました。

また、セイタカアワダチソウの除去と在来種調査を行いました。セイタカアワダチソウは、黄色い花が咲き始めていて、背丈が人の2倍ぐらいになっていました。1年でこれだけ急速に育つことがわかりました。

セイタカアワダチソウは大きいものになると抜きにくいことが分かりました。

また、茅ネズミの変わった巣やカマキリの巣を見つけることができました。

次回の冬の観察会では、草木染の体験をする予定です。楽しみです。


5班食べられる植物 [担当:教員(山形)・TA(上野山)]

中池見を歩きながら植物を調べて、食べられるものなら試食してみました。また、その植物を使った調理例を調べました。季節によって全く違ういろいろな植物があり、とても興味深かったです。

今回(秋)は、栗が多く落ちていました。松の葉は、水と砂糖を加えることでサイダーになることを知って驚きました。


ヤマブドウ

秋は、やっぱりヤマブドウ。日当たりがいい雑木林にある。似たものに、シクテエビ(エビヅル)やショウガエビ(マツブサ)もある。ショウガエビは、生姜の味がする。生でも食べられるし、酒につけて飲んだりもできる。

マタタビ

マタタビは、秋の遅い時期、ちょうど霜の降る頃が食べごろ。熟したものでないと大変辛い。今でもマタタビは、そこらじゅうにある。杉にも伝って登るが、杉林の真ん中にはなく、端っこにある。植樹わら(杉などの植樹した人工林)が、増えたせいではないか。

カシワユリ

カシワユリ(ウバユリ)は、長い葉っぱで、親指ほどの太い茎の先に白い花がつく。根っこの芋(球根部)をふかして食べるとおいしい。日当たりのいい草場の湿ったところにある。戦後、草場にも杉などが植えられたため、カシワユリもあまり見なくなった。もし見つけたら、あまり採るとなくなるので控えたほうがいい。

山栗

山栗は粒が小さいものがおいしい。煮て食べると柔らかくておいしい。くりご飯で食べたりもする。栗を拾うのに夢中になって、道に迷わないように注意すること。

モタセ

モタセ(雑きのこ)はおいしいが、きのこは気をつけないといけない。縦に裂けるといいとか腹帯があるといいとかいうが、すべて間違い。毎年、同じところで採ってきたコケで死にそうになった人もいる。ナスと煮るとあたらないというが、それも間違い。確信が無い物は避けたほうがいい。


6班敦賀の海 [担当:教員(古谷)]

敦賀新港で釣りをし、その後ゴミ拾いをしました。

タイやアジなどが釣れました。

風が強く波が高かったので、糸が絡まってしまったりして大変でした。そのせいもあってか、夏よりもあまり釣れませんでした。サビキを1つ紛失してしまいました。反省です。


7班敦賀市自転車観光マップ [担当:教員(形部)]

自転車で敦賀市内を走って海抜を記録し、自転車マップを作りました。

予想以上に「海抜表示看板」があり、さまざまな箇所の海抜を知ることができました。きちんと「海抜表示看板」を探そうと思わないと見逃してしまう難しさがあり、途中、みんなの注意力が欠けてきて、看板を見逃したりしていました。でも、たくさんの「海抜表示看板」を探すことができよかったです。

自転車で走っていると何度か並走してしまうことがありました。このことは反省です。


8班杉原千畝と敦賀港

紙芝居づくりをしました。紙芝居づくりの大変さを感じています。

パワーポイントの作成。