CLUB

TOP

PAGE

赤十字について

「人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性」という7つの普遍的な原則(赤十字の基本原則)のもとに、世界最大のネットワークを持って活動する人道機関です。

「赤十字国際委員会」「国際赤十字・赤新月社連盟」「各国の赤十字社・赤新月社」の3つの機関で構成されており、日本赤十字社は、世界189の国と地域に広がる赤十字・赤新月社のひとつです。

青少年赤十字について

児童・生徒が赤十字の精神に基づき、世界の平和と人類の福祉に貢献できるよう、日常生活の中での実践活動を通じて、いのちと健康を大切にし、地域社会や世界のために奉仕し、世界の人々との友好親善の精神を育成することを目的として、学校教育の中で活動します。

青少年赤十字では、上の目的を達成するために、「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」の3つの実践目標を掲げています。 また、主体性を育むために「気づき、考え、実行する」という態度目標を掲げています。

青少年赤十字は、全国約13,000校において活動が行われています。福井県の加盟校率は、小・中学校が90%以上と大変高く、高校も60%以上で、全体平均は全国でもトップレベルとなっています。

主な活動

校内4月「JRC加盟式」(新1年生)
6月「クリーンアップふくい大作戦~松原海岸清掃~」(JRC委員)
9月「校内献血」(希望者)、「チャリティーバザー」(気比校祭にて)
11月「赤い羽根募金」募金活動(全クラス)
12月「第2回校内献血」(希望者)
校外5月「県高校生協議会会合」(役員改選、年間行事確認など)
8月「県トレーニングセンター」(2泊3日)
10月「県国際交流の集い」(外国人との交流活動)
3月「県リーダー研修会」(リーダー資質養成、年間行事反省など)
「全国スタディーセンター」(日本赤十字社本社主催、5泊6日、県から2名)
ボランティア活動への参加状況(平成26年度)
実施日内容参加生徒数
5月5日子どもの国「春まつり」 遊び場ボランティア17名
5月17日老人福祉施設渓山荘グループ「大運動会」 介助ボランテイア19名
6月1日市民総ぐるみ環境美化運動「クリーンアップ福井大作戦」 清掃ボランテイア38名
6月15日福井県赤十字血液センター「世界献血者感謝デー」 イベント運営ボランティア7名
7月17日嶺南東養護学校「ボランテイア養成研修」9名
7月20日青少年赤十字「県高校生国際交流のつどい」 第1回実行委員会7名
7月30日福井県赤十字血液センター「献血センター親子見学会」 献血PRボランティア4名
7月30日老人福祉施設湯の里ナーシングホーム「納涼祭」 介助ボランティア4名
7月31日老人福祉施設第2渓山荘ぽっぽ「夏祭り」 介助ボランティア8名
7月下旬日敦賀市子ども発達支援センター 障害児支援ボランティア2名
8月1日中国台州市使節団訪問敦賀案内ボランティア8名
8月5日青少年赤十字「県高校生国際交流のつどい」 第2回実行委員会13名
9月2日第1回校内献血36名
10月4日青少年赤十字「県高校生国際交流のつどい」 第3回実行委員会7名
10月12日子どもの国「秋まつり」 遊び場ボランティア9名
10月19日青少年赤十字「県高校生国際交流のつどい」 第4回実行委員会11名
10月25日青少年赤十字「県高校生国際交流のつどい」25名
11月9日東北支援「松ぼっくり大作戦」(クリスマスツリー作成)  気比の松原にて松ぼっくり拾いボランティア9名
11月17日「東日本大震災」支援物資回収・整理ボランティア9名
12月18日嶺南東養護学校「ボランテイア養成研修」13名
12月18日第2回校内献血31名
3月8日敦賀市障害児福祉団体連合会「2015ふれあいコンサート」ボランティア5名
3月9日校内古紙リサイクルボランティア5名

本校ではJRC(青少年赤十字の略称)委員会や生徒会などが中心となり、本校で使用された古紙や不要になった書籍を回収し、それを資源回収業者に運搬することで、敦賀市から「資源回収奨励補助金交付制度」による補助金をいただいています。

この補助金で貯まった資金より福祉用具を購入し、日頃本校が行う福祉の実習授業などでお世話になっている施設に、感謝の意を込めて寄贈することになりました。

3月19日

福祉施設への福祉用具の寄贈

特別養護老人ホーム「眞盛苑」(敦賀市莇生野)

  • 寄贈品
  • 褥瘡予防マットレス:2枚
  • 参加者
  • JRC委員長 久保田 雅士
  • JRC委員会 顧問 岸本 光隆
3月20日

福祉施設への福祉用具の寄贈

特別養護老人ホーム「第2渓山荘ぽっぽ」(敦賀市鉄輪町)

  • 寄贈品
  • 歩行器:3台
  • 参加者
  • 生徒会長 安川 雄山
  • JRC委員会 顧問 岸本 光隆